商品一覧 全件表示 新潟県産もち米 > 30年産新潟産こがねもち  精米1kg

30年産新潟産こがねもち  精米1kg

クリックで画像を表示
こがねもち 精米
クリックで画像を表示

もち米の中でも最高級の品質を誇る新潟産こがねもちです。

当店では新潟県阿賀野市の農家さんから直接仕入れたこがねもちを検査、精米してお客様に販売しております。

この美味しさを是非お試しください。


お客様の中でもリピート率が高く、「井上さんの所のこがねもちをつかないと正月が迎えられない」という有難いお客様もいらっしゃるほどです。

【こがねもちとは


もち米の品種です。

日本農試において、信濃3号と農林17号を交配し、昭和33年に推奨品種に採用されました。

粘り、こし、食味のどれをとってももち米の最高級の品質を誇ります。

餅にした際のコシやのびの良さ、舌触りの滑らかさ、もっちりとした歯ごたえが特徴です。
餅に最適のお米とされています。もちろんおこわや赤飯にしても美味しいですよ。

当店では新潟で作ったこがねもちの販売となります。

【もち米とは?

もち米は日本だけでなく海外でも栽培されています。

もち米と普段私達が主食としているうるち米との違いは粘り気です。

お米にはでんぷんが含まれていますが、でんぷんの成分はアミロースとアミロペクチンです。アミロペクチンは水と一緒に加熱すると粘り気が出る性質がある為、アミロペクチンが多く含まれていれば粘り気のある米になり、逆にアミロースの方が多く含まれていれば粘り気のない米になります。

うるち米ともち米の違いのキーポイントも、このアミロペクチンです。
うるち米のでんぷんはアミロペクチンが80%ほどなのに対して、もち米のでんぷんはほぼ100%がアミロペクチン。
もち米の粘り気はアミロペクチンのなせる技なのです。

この粘りの為に他の消化酵素がなかなか入り込めず、もち米のでんぷんは分解に時間がかかります。
そのため、餅やおこわは「腹持ちがいい」というわけです。

もち米は蒸したものをついて餅にするほか、炊いて赤飯やおこわにします。
また、みりんや酒の原料とするほか、白玉粉や道明寺粉、寒梅粉などの粉にして和菓子の原料として使われています。
                    
価格:730円
注文数: